歯の黄ばみあきらめない方法

あなたは自分の歯の色に自信がありますか?

 

 

毎朝、鏡で歯の色を確認しては、「もう少し白ければいいのにな〜」なんて思いますよね。
どうしてテレビに出てる芸能人は、あんなに歯が白いの?

 

なんて考えますよね。

 

\初回半額送料無料/

10913

 

芸能人の皆さんは歯が命ですから歯が白いのは当然でしょうね。
歯を白くするためにそれなりのお金を使ってますし、

 

 

テレビや映画に出る人たちは歯を白くするための費用は必要経費ですからしかたのないことなんです。
ここで愚痴ってもしかたがないので、もっと前向きなお話をしましょう。

 

 

そもそもどうして歯は黄ばんでるの?

 

 

もともと歯の色には個人差がおおきくかかわります。人それぞれ肌の色がちがうように
歯の色も生まれつきちがいます。

 

 

子供の頃は白い歯だったものが年齢を重ねるにしたがい歯が黄ばんでくるのは
生活習慣の影響がおおきいと言えますが日本人は生まれつき歯の構造がアジア系以外の
外国人と違ってるのが原因なんです。

 

 

私たちの歯は大きく3層構造になっていて1番外側の白色半透明の「エナメル質」その内側の
黄色っぽい象牙色をした「象牙質」その中にある神経の「歯髄」からできています。

 

 

「エナメル質」は白い色で半透明をしていますが、この「エナメル質」が厚ければ厚いほど下に
ある黄色い「象牙質」を隠すことができ歯を白く見せることができます。

 

 

逆に薄ければ「象牙質」の黄色が透けて見え、歯は黄色く見え、また「エナメル質」の透明度も
高ければ「象牙質」の黄色が透けて見え、歯は黄ばんで見えます。

 

 

さらに「象牙質」の色が黄色ければ黄色いほど歯は黄ばんで見えます。

 

 

このように人それぞれエナメル質の厚さや色、それから象牙質の色の違いで、その人の歯の色が
白に近いか黄ばんで見えるかが決まってしまうのです。

 

 

もともと日本人の歯は黄色いほうなのですが、さらに日本人は欧米人に比べて歯のクリーニングや
定期検診などのデンタルケアに対する意識が少ないようで

 

 

 

たばこやコーヒーさらのは着色料を含んだ食材などで、さんざん色をつけられた歯のケアをしないために
歯が黄ばんでくるのです。

 

>>>初回半額、送料無料ビースマイル

 

「白い歯」の基準は?

 

 

一言で「白い歯」と言っても、人それぞれで「白くてきれいな歯」と見える歯でも別の人から見ると
「黄ばんだ歯」に見えることもあるしホワイトニングのやり過ぎで「白すぎて不自然な歯」に見えることもあります。

 

 

白い歯を目指すには自分の感想だけではなく他人の意見や感想を聞くことが大事なようです。

歯の黄ばみを取る方法

歯の黄ばみを取って歯を白くホワイトニングにはいくつかの方法があります。

 

 

医療機関へ通って過酸化水素を含む高濃度の薬剤を歯に塗布し、沈着した色素を分解していく
オフィスホワイトニングという方法があります。

 

 

もちろん医療機関つまり歯医者さんへ通うわけですがホワイトニングする前に施術部分に
虫歯やクラック、重度の歯周病などがないかなどチェックする必要があります。

 

 

そのための診察料がかかります。

 

 

それと忘れてはいけないのがクリーニング料金です。

 

 

歯石やタバコのヤニなどで歯が汚れている場合に、ホワイトニングの効果を期待できないことがあるので
クリーニングをする必要がでてきます。

 

 

このようにオフィスホワイトニングではホワイトニング以外にも料金がかかることをわかっておく必要があります。

 

 

また、あらかじめ医療機関で作成したマウスピース(マウストレー)に薬液を塗布し、
自宅などで毎日30分程度装着し歯の黄ばみを取る方法としてホームホワイトニングという方法もあります。

 

 

オフィスホワイトニングより時間がかかり、希望の白さになるまで2〜3週間くらい必要ですが
はじめの診察と2回目(マウストレー受け渡し)以降は通院の必要がないので
時間的な制限を受けずにご家庭で手軽に行えるというメリットがあります。

 

 

この他にも審美歯科美容と言って、セラミックなどの白い詰め物や被せ物を使って歯を
白く美しくする治療法があります。

 

 

これらのホワイトニングは歯の治療ではないので保険を使えないことを覚えといてください。

 

手軽に歯の黄ばみを取る方法は?

どうですか?

 

 

あなたがやれそうな歯の黄ばみを取る方法は見つかりましたか?
どれも時間とお金がかかりそうなのは想像できますよね。

 

 

たぶんテレビなど画面に出るお仕事をされてる人達はこのくらいの時間とお金は覚悟されてると思います。
必要経費ですから(笑)

 

 

今まで紹介した歯の黄ばみをとるホワイトニングだと、なかば強引にホワイトニングをして
「不自然な歯の白さ」になってしまいそうな気もします。

 

 

また、一度ホワイトニングをしても時間が経てば、生活習慣によりまた色は戻っていきます。

 

 

ムリに医療機関へ通って自分本来の歯の白さ以上のホワイトニングをするよりも
もとの自分の歯の白さに戻す方が楽だと思いませんか?

 

 

もちろん、加齢や色素の着色で変色してしまった歯は、そう簡単には白くならないでしょうが
もとの歯の色に戻すことは意外と簡単にできます。

 

 

毎日の歯磨き剤を変えるだけの方法だったら簡単だし費用だって医療機関に通うことを思えば
かなり安くおさえることができます。

 

 

あなたが「今すぐに歯を白くしたい」と切羽詰まっていなかったら試してみてはどうでしょう。

 

>>>初回半額、送料無料ビースマイル